供託金を納入してきました

本日、供託金30万円を納入してきました。果たしてこの内容が役に立つ方がいるかどうかわかりませんが、どんな流れで供託金を納入してきたのかを書いておきますね。

1. 東京法務局府中支局に行く。

最寄駅から徒歩だと30分以上かかるという立地。なので私は車で行きました。供託の窓口は1階にあります。私が行ったときは誰もおらず、暇そうでした。立候補予定者説明会でもらった「OCR用紙」という試験のマークシートのような機械で読み取る紙に必要事項(住所、氏名等)を記入して提出すると、10分ほどで銀行で使用する納入用紙をくれます。

2. 三菱東京UFJ銀行府中支店に行く。

1階のATMで自身の口座から30万円を引き出したうえで、2階へ。もちろん、ここで下ろさず事前に用意しておいても構いません。2階に上がり、「日本銀行代理店」「供託金窓口」というのが一番端にあります。受付機で受付番号の紙を取ったうえで待ちましょう。呼ばれたら法務局てもらった用紙とお金を渡し、5分ほどで印鑑の押された「供託書」が返ってきます。これで終了です。

ちなみに、銀行に行く際は「大國魂神社駐車場」に車を停めてください。駐車券を出すと無料券をくれます。