小学生の声

私は、地域の声を聞くために市政に関するアンケート調査を行っているのですが、今日いつものように自転車で回っていると、小学生から声をかけられました。なんと「アンケートに答えたい」というのです。ちなみに男の子だったのですが、彼が市政で重要だと思うのは「学校教育の充実」と「道路・交通網の整備」とのこと。危ない交差点があると具体的な要望をいただきました。

小学生でも、しっかりまちのことを考えているなと思いました。私は、子ども・若者の政治参加を進めるために、市内の学校で「模擬選挙」を実施することを提案しています。選挙権は18歳への引き下げに向けて動きが進んでいます。いざ選挙権を得た時に、自分なりの判断基準を持って投票行動ができるよう、教育から変えていく必要があると思います。