投票に行きましょう!

1週間街中をお騒がせした西東京市議会議員選挙の選挙運動が終了しました。今日は雲が多いながらも、風も弱くおだやかな、何より選挙カーの走らない静かな日曜日となりました。市民の皆さんに声を届ける方法は限られており、苦渋の選択で選挙カーを使っての活動となったこと、ご迷惑をおかけした市民の皆さんには改めてこの場でお詫び申し上げます。

私は政治に関心のなかった層、とりわけ若い世代の政治参加を訴えてこれまでも活動してきました。一部の人しか選挙に行かないのでは、一部の人の意見しか政治に届かない。投票率が下がれば、バックに大きな組織を持っている方、政党の後押しのある方、二世議員のような強固な地盤を持っている方、こういった限られた人間だけが議員として送り出され、しがらみのない立場から物を言える無所属議員、とりわけ新人議員が議会に入っていくことは困難になっていきます。幅広い市民の声を政治の場に届け、市長に対するチェック機能を果たしていく健全な議会にするためには、無所属議員が必要です。

多くの市民に政治参加していただくためには、何より政治に関心を持つ市民を増やすことです。そのためには政治家自身が議会のこと、自身のことについて丁寧に、わかりやすく説明し、市民の皆さんからも意見を聞いていく、双方向のコミュニケーションを取ること、例えば模擬選挙のような、子ども・若者が政治について考える機会を増やしていくことなど、市民と政治との距離をより近いものにしていくことが必要です。

幸い、今日は穏やかな天気です。投票は午後8時まで受け付けています。万が一入場券を紛失した方も、投票所の係員に申し出れば投票することはできます。誰にしていいかわからない、面倒くさい、どうせ変わらないと言わずに、投票してみませんか。投票はほんの数分で終わります。ぜひ投票所へ足を運んでください。そして、周りの方にも「選挙行った?」とお声かけをよろしくお願いします。